#16 GAS入門−テンプレートファイルの導入

GAS

createTemplateFromFile

Gasでは通常htmlファイルはテンプレートを読み込む形で書かれますので、

createTemplateFromFileを使っていきます。

ファイル名は index にして変数templateに代入します。

 

template.evaluate()

テンプレートを評価しつつ返してくれる template.evaluate() を使います。

return template.evaluate()で返してくれます。

 

indexファイル作成

まずは簡単なindexファイルを作成してみます。

1)ファイル → 2)新規作成 → 3)HTMLファイル  です。

ファイル名を index にします。

[kbk]ok[se] をクリックするとすでに一部が記入されたhtml5画面が現れます。

ファイルの中身に追記します。

では、doGetを実行します。

あらかじめ開いてある開発者用のURLを再読み込みします。

このように変更されていれば完了です。

コメント