#15 GAS入門−タスクをウェブで公開する

GAS

doGet()

Getでアクセスされた時、doGet()で処理が出来ることを利用して、HTMLで表示してウェブに公開してみましょう。

function doGet()

HtmlService.createHtmlOutput()

return HtmlService.createHtmlOutput(”);

見出し表示

<h1>My Task</h1>

 

公開

公開 → ウェブアプリケーションとして導入

プロジェクトバージョン:新規作成(初版)

次のユーザーとしてアプリケーションを実行:自分

アプリケーションにアクセスできるユーザー:

  • 自分だけ
  • 全員・・・グーグルアカウントでログインした人全員
  • 全員(匿名ユーザーを含む)・・・ログインしていない人も含めて全員

現在のウェブアプリケーションのURL:

最新のコード・・・開発者だけが見ることが出来る

OKをクリックすると新しいウェブページが立ち上がります。

コメント