#6GAS入門−ループ処理

GAS

目次

ループ処理を使うと、一気にデータを追加できます。

最初にアクティブシートを取得します。

配列(複数の名前の集合)

次に変数namesに名前の配列を割り当てます。

繰り返す回数を変数iで宣言します。

 シートをさらにします。

ループ処理(for)

ループ(繰り返し)構文を記入します。

ここで100回繰返しますが、それぞれの意味は、

  • i = 1 → 変数iが1から始まり
  • i <= 100 → 変数iが100まで繰り返す
  • i++ → 変数iは1ずつ増えていく

乱数

for構文の中の繰返し処理は、まず1列目の名前の列

  • sheet.getRange(i, 1) → i行目の1列目のセルを取得
  • setValue → 取得したセルに値をセットする
  • names[] → names配列の何番目[添字]かを指定
  • Math.floor → 切り
  • Math.Random → 0から1未満の乱数を取得
  • names.length → 名前の数を取得(ここでは5)配列の添字は0から始まるので+1は不要です。

次に2列目の点数の列

  • sheet.getRange(i, 2) → i行目の2列目のセルを取得
  • setValue → 取得したセルに値をセットする
  • Math.floor → 切り下げ
  • Math.Random → 0から1未満の乱数を取得
  • 101 → 0から100までの乱数は+1で101にすることで得られます。

従って繰返し構文は以下になります。

全体のコードは以下になります。

実行後のシートです。

コメント