Excel統計分析



HOME | マイクロソフト | Excel統計分析

講座

EXCELで学ぶ「ビジネスデータ分析の基礎」

ビジネス統計スペシャリスト・エクセル分析ベーシック 資格試験対応

  • 平均値
  • 中央値
  • 最頻値
  • レンジ
  • 標準偏差
  • 外れ値の検出
  • 度数分布表
  • 標準化
  • 移動平均
  • 季節調整
  • 集計
  • 散布図
  • 相関
  • 回帰分析
  • 最適化

EXCELで学ぶ「実践ビジネスデータ分析」

ビジネス統計スペシャリスト・エクセル分析スペシャリスト 資格試験対応

  • 分析データを理解する
  • 1変量のデータのまとめ方 基本統計量 データの視覚化
  • 1変量のデータのまとめ方 基本統計量 データのばらつき
  • 2変量のデータのまとめ方
  • 仮説検定 クロス集計表からカイ二乗検定
  • 仮説検定 平均値の比較からt検定・F検定
  • 仮説検定 散布図から相関・回帰分析
  • 仮説検定 質的変数を結果にした回帰分析
  • 回帰分析の応用 原因系変数を2つ以上にした回帰分析
  • 回帰分析の応用 ダミー変数の活用と時系列データの分析



統計ってなんだろう?

学生時代の試験の「偏差値」とはなんでしょう?

 
【標準化したデータの値 X 10 + 50】

が答えなんです。
 
では
株価において
リターンは平均でリスクは標準偏差で表されるってご存知でしょうか?
 
さらにAI(人工知能)って呼ばれるものの中にデータを扱っていたり
 
ディープラーニングの理解に数学の「最小二乗法」や「重回帰分析」の考え方が役に立つってご存知でしたか?
 
そうなんです、
統計って役に立つんです。

 
そればかりか、これからの時代どんどん役に立つ知識になっていきます。
 





統計理解度テスト



「集団を対象」
集団の特徴や傾向を明らかにする。
基本統計量を用いて集団の特徴や傾向を調べる方法。
数量データは、大小関係が比較できる数値で測定されたデータ。
カテゴリーデータは文字、数値コードで測定されたデータ。
代表値 → 平均・中央値・最頻値・割合(比率)
散布度 → 標準偏差・変動係数・分散・四分位偏差
数量データの代表値は平均・中央値
カテゴリーデータの代表値は割合(比率)
平均 = 中央値 → 平均
平均 ≠ 中央値 → 1、中央値 2、異常データを除外して「平均」
データのばらつきを計る統計手法
変動係数は標準偏差を平均値で割った値
変動係数は1.0を上回ると、データのバラツキが大きい集団といえる。
データを昇順で並べて、小さいほうから数えて全体のP%に位置する値をパーセンタイルという。小さいほうから数えて全体の25%、75%、50%に位置するパーセンタイルを第1四分位点、第3四分位点、中央値という
分布のゆがみ(峰が左より、右より)を調べる
集団の中で平均やバラツキを考慮して評価した値
データを視覚的に要約するためのグラフ、外れ値を見つけられる